オレガノニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画雑誌の漫画原稿料を引き上げる方法

今からこの記事に書くことは取材のすべてであり、すべて現役の漫画家から得た情報とコメントである。もしあなたが漫画家や漫画雑誌編集者ならば、「そんなことはないんじゃないの?」、「確かにその通りだ」、「そうだったのか!」と、さまざまな思いが頭に浮かぶことだろう。しかし、これから書くことはすべて週刊漫画誌に絶賛連載中の信頼できる漫画家から得た情報であり、信憑性が高い情報とだけ前置きとして話しておこう。





漫画雑誌で連載している漫画家の原稿料はどのようにして決まるのか? 漫画作品の人気はもちろんだが、担当編集者の権力や人柄に左右されることもあるという。では、どうすれば少ない原稿料を上げることができるのか?「努力すればいつかは上がるはず!」、「人気が出れば上がるはず!」、「アニメ化されれば上がるはず!」、どれも正解だが、そんなことを期待していては何年間も原稿料が上がらない状況に陥る可能性が高いという。

「小学館で連載していた『金色のガッシュ!!』の雷句さん、原稿料13000円だったじゃないですか。私が聞いた話ですがサンデー、コロコロ、スピリッツ、ヤンサンなど漫画誌の数年前の最低ボーダーラインが9000円だから、アニメ化をした漫画が13000円ってチョットおかしいですよね。同時期に小学館で漫画を載せてた知人の売れない漫画家がもっともらってたんですよ。どうすれば原稿料が上がるのか? これは簡単だけどみんなやらないんですよね。ストレートに担当編集者に原稿料あげてほしいと伝えるんです。ぶっちゃけ、言わないと上がりませんよ」(現役の週刊連載漫画家)

公務員の給料のように黙っていてもどんどん給料が増えていくのを期待したところで、いつになるかわからない。ちゃんとハッキリ原稿料をあげてほしいことを伝えることが必要なのだとか。そして今も、漫画家によっては言わないだけ損という状態が漫画雑誌では続いているらしい。

「担当者が漫画家のことを配慮して原稿料を上げてくれることがあります。でも、長期連載しているのにあがらないときは担当者に話してみることです。1000~2000円程度の値上げならば、担当さんのさじ加減ひとつで調整できるんですよ。雷句さんの原稿料が13000円だったって報道されたじゃないですか。あれを知って多くの漫画家はビックリしたと思いますよ。なんだおれのほうが上かよって(笑)。上げてほしいと、事あるごとに言わないと上がる可能性は限りなく低いです。ただ、上げすぎると打ち切りの可能性が高くなる。コツとしては “ヨソでは〇〇円もらってます” と、ウソの金額でもいいので言うだけ言ってみること。とりあえず13000円くらいがギリギリの無難なラインですね」(現役の週刊連載漫画家)

ちなみにこの現役の週刊連載漫画家は数誌で漫画連載や掲載をしており、年収は原稿料だけで1500万円で、それは原稿料の値上げを何度かお願いした結果だという(単行本の印税を含まない年収額)。「もし値上げのお願いをしていなかったら? 今も年収900~1000万円くらいだったんじゃないでしょうかねえ」ともコメントしていた。その差はなんと500万円! 大きい……。

「ただ、普通なかなか言えないですよね。載せてもらう立場で原稿料上げろって。でも言わないと上がらないし、言ってる売れない作家は上がってるという現実。そこでおかしな逆転現象が起こる。売れてる作家より、売れてない金にうるさい作家の方がページ単価が高くなる。つまり、その雑誌に自分が貢献していると思ったときは遠慮なく原稿料の引き上げをお願いするのは間違ったことではないということですね。売れてもいないしツマンナイ不人気漫画なのに上げてくれとは言っちゃダメですよ(笑)」(現役の週刊連載漫画家)

最後にこの現役の週刊連載漫画家は、「場合によっては連載とか掲載打ち切られるのでしつこくあげてくれというのも問題です。自分の人気度を天秤にかけて、それでも原稿料が少ないと感じたときに言うべきです。もし実践するなら自己責任でお願いしますよ」とコメントしていた。

漫画雑誌の編集部は、一度値上げした原稿料を下げることをあまりしないらしく、一度でも高額で依頼してしまった漫画家さんには二度目のお願いをしにくくなることがあるらしい。高額な原稿料になった漫画家を使うより、若い作家で原稿料が安く、そして人気の絵を描ける漫画家を選ぶ傾向もあるらしいので、自分の原稿料の上げすぎにも注意が必要だ。

http://getnews.jp/archives/30075より

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oreganonews.blog42.fc2.com/tb.php/81-1e9ca68f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。