オレガノニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんと人間の「体温」で携帯電話を充電できる技術が登場へ

世界最大手の携帯電話メーカーであるNOKIAがテレビやラジオ、防災無線など、日常生活のさまざまな場面で用いられている電波を利用して充電できる携帯電話の試作機を7月に開発しましたが、今度は人間の体温で携帯電話を充電できる技術が登場する見通しであることが明らかになりました。

この技術が実用化されれば、携帯電話を手に持ったり、ポケットに入れておくだけで充電できるようになるということなのでしょうか。




スイスで行われた電気分野の研究者の功績をたたえる「swisselectric research award 2009」のページによると、熱を利用した低コストな発電システムを開発したWulf Glatz博士の研究が見事トップに輝いたそうです。

Glatz博士の研究はセントラルヒーティングからの廃熱や自動車のエンジンの熱などを電気に変換する技術を発展させたもので、発電に用いる素材の製造にかかるコストを10分の1に引き下げることが可能となったほか、素材をプラスチックのフィルムの上に直接重ねる新たな製造手法を取り入れることで、従来よりも圧倒的に素材を薄く、フレキシブルにすることに成功したとのこと。

また、この技術により体温のような低い熱でも発電に用いることができるようになるとされており、将来的には体温を熱に変換して携帯電話を充電できるようになると見込まれています。なお、Glatz博士は研究結果の特許を取得しており、2年以内の製品化を目指しているそうです。

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090919_mobile/より

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oreganonews.blog42.fc2.com/tb.php/79-6e794c00
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。