オレガノニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなにヤバいの!? キモい細菌だらけのアソコ

『ステーキのどん』や『ペッパーランチ』で発生したO157による食中毒騒動。どちらも角切りステーキから感染したと思われているが、私たちが生活するなかで、細菌ほど身近に存在する生命体はない。

家、レストラン、学校、職場、電車、バス、自動車、どんなところにも細菌はいるのである。そして、悪性の細菌の場合は皮膚や体内で増殖し、場合によっては死にいたるのだ。

では、どんなところに細菌が多いのだろうか? 私たちが日常生活のなかで、どんなシーンで皮膚や体内に細菌を付着させたり取り込んでいるのか、再確認してみたいと思う。今からでも遅くはないので、細菌の付着や取り込みを防ぐために対策を立ててみよう。

・電車やバスのつり革と手すり
いすが満席のときに電車やバスに乗ると、つり革や手すりを握って倒れないようにするのが普通だ。しかし、その普通がかなり危険。特につり革は不特定多数の人たちが握り、細菌だらけなのをご存知だろうか? 知らない不特定多数の人と手を握り合うのと同じで、他人の皮脂や細菌がつり革に付着し、それをまた別の人が握るのである。あらゆる人たちの皮脂と細菌が集まり、まさに細菌のパラダイス状態になっている。アルコール系のウェットティッシュで拭いてから握ったり、何か布1枚を巻いてそのうえから握るなどの工夫をすることで、感染予防になりそうだ。

・エスカレーターのベルト
バスや電車のつり革と同様に、あらゆる人たちが手を置く。手は人体の中でも細菌だらけの部位なので、汚い手でベルトに手を置いた人がいると、そこから別の人へとどんどん皮脂や細菌が付着していく。とはいえ、汚いからとベルトを握らないのは危険なので、何か布1枚を置いて握るか、エレベーターから降りたら手を殺菌できるティッシュで拭くなどするといいだろう。

・トイレのドア
いくらトイレで手を洗ったとしても、出るときにドアノブを握ったり押したりした時点で新たな細菌が付着する。手を洗っても手を拭かない人や、手を洗わずに外に出る人が多くいるのも事実。特に手を洗わない人がドアノブに触るということは、その人物の股間に付着していた細菌や、排泄物の細菌が手に付着している可能性が大きくある。トイレはただでさえ目に見えない汚物に汚染されている場所であり、細菌が多数存在する。いま話題になっている病原性の細菌O157は大便に潜伏していることがあるので、トイレでは徹底して手を洗い、手を拭き(または乾燥させ)、ドアノブを触らずに外へと出よう。ドアノブを触らずに外に出る方法は、トイレットペーパーを一切れ用意し、それを手に持ってドアを握ったり押すといい。直接、ドアノブを触らずに済む。

・トイレの水流しボタン
上記でトイレは特に汚いと解説したが、トイレの水を流すボタンはかなり汚い。これは女性用も男性用も同じで、手が洗われていない段階で押すものであり、汚さはマックスである。便座式のトイレの場合、排泄後にトイレットペーパーで局部を拭いたのち、その手を洗わない状態で水を流すボタンを押すわけで、汚物がボタンに付着している可能性が極めて高い。また、レストランや駅などの仕入れは多くの人たちが利用することから、さまざまな人たちの汚物が人から人へと付着していくことも考えられる。ボタンを押す前に殺菌できるティッシュで拭くか、ボタンを押してからすぐに拭くなどして感染を防止したい。ここで重要なのは、すぐに手を殺菌することだ。ボタンを押して洗面所に行って手を洗ったのでは遅い。なぜなら、ボタンを押して汚染した手で衣類を着用するわけで、衣類に付着してしまう可能性があるからだ。トイレでは洗面所での洗浄に期待せず、すぐに殺菌がポイントである。

・ATMや切符販売機のタッチパネル
ATMや駅のタッチパネルは抗菌仕様となっているが、あくまで抗菌であり殺菌や滅菌ではない。よって、タッチパネル上での繁殖度はある程度防げるものの、既に付着した細菌を全滅させるほどのパワーを持っていないというのが現状だ。いちいち面倒かもしれないが、殺菌用のウェットティッシュでタッチパネルを拭いた上で使用しよう。タッチパネルは水をはじく性質があるので、ウェットティッシュで拭くと画面が見にくくなる。アルコール系などのウェットティッシュで拭いた後に乾いたティッシュペーパーで水分を拭き取ろう。タッチパネルは画面の端の部分に汚れがたまるようなので、そこはあえて拭く必要はない。拭いてしまうと、むしろ汚れを画面上に広めてしまうことがあるからだ。

・パソコンのキーボードやマウス
パソコンのキーボードやマウスは不特定多数の人たちが触るものではないが、なかなか拭く機会がないのでかなり汚いと思われる。なぜなら、JRの列車やバスのつり革などは定期的に清掃スタッフが掃除をするため、ある程度だが細菌を減らすことができると思われる。しかし、キーボードやマウスは人体の中でも特に汚い「手」で操作するものであり、あらゆるところから付着させてきたあらゆる人の皮脂や細菌がこびりついていく。特にノートパソコンはキーボード自体が細菌たちにとってちょうどいい温度になることがあり、どんどん増殖していく要因にもなりえる。1日に1度でいいので、キーボードとマウスを消毒のできるティッシュなどで拭きたい。ただし、アルコール系のウェットティッシュは塗装をはがしてしまうことがあるので、使用しても大丈夫かどうか調べてから使用しよう。面倒なときは、アルコール系以外の殺菌できるもので拭くといい。噴射式の消毒や洗浄液は、キーボードの故障の原因になるので使用してはいけない。

・硬貨(お金)
こればかりは、いちいち拭いていられない。よって、買い物をした後に手洗いをしたり殺菌のできるティッシュで拭いたりしよう。ただし、細菌の増殖に関していえば、硬貨よりも財布のほうを注意したほうがいい。汚い硬貨がどんどん財布に細菌や皮脂を付着させ、どんどん財布を汚染させていくからだ。そのことを考えると、財布を定期的に洗ったり殺菌したり、拭き掃除をするなどのメンテナンスをするべきであることがわかる。もともと硬貨や紙幣は人から人へと渡っていくものであり、さらに洗浄される機会が限りなく少ない物質である。銀行に戻った硬貨は洗浄されることもあるが、人から人へと渡るにつれて皮脂や汚物、細菌が付着していく。基本的に汚いものであることを認識しておこう。

・ケータイや電話機
ケータイや電話の受話器はかなりの汚染度である。耳を当てるスピーカー部分は耳や顔面、頭髪・頭皮などの皮脂がベッタリと付着するだけでなく、耳の穴の中に存在する細菌やカビ菌などが付着することがある。また、マイク部分には会話中に飛び散った飛沫唾液や歯垢が付着し、これも細菌を電話機に付着させて増殖させる原因となる。ケータイは特に頻繁に手にしたり使用するものなので、1日に数回ほど消毒するなどして使用することをおすすめする。特にボタン部分がテカテカしていたり、耳が当たる部分に皮脂がついているのがわかったら、すぐに拭き取ること。場合によっては顔ダニが付着していることもあるらしいので、清潔にしておきたい。また、公衆電話は不特定多数の人たちが使用するため、手で触れる前に拭くくらいの考えでいよう。面倒だが、それも感染予防のためである。

・ゲームセンターのレバー
ゲームセンターのゲームは多くの人たちが手に汗握りながらプレイするため、特にレバー部分に皮脂や汗の乾燥したものが付着していることがある。また、そのような場所は細菌にとっても居心地が良い場所であり、ゲームセンターのスタッフが徹底して掃除しない限りどんどん汚物が付着していく。また、鼻穴の付着物をほじりながらプレイしたり、頭をかきむしりながらプレイする人なども少なからずおり、されらの汚物がレバーに付着することも多々ある。プレイ前にレバーのボール部分をアルコール系の消毒ウェットティッシュで拭き取り、他のボタンも拭き掃除をしてからプレイしよう。ゲームは手に汗をかきやすいので、特にレバーの消毒に関して注意しながらゲームを楽しみたい。潔癖症の人の中には、消毒ができるウェットティッシュをレバーにかぶせて、その上から手でレバーを握る人もいるようだ。

・飲食店のテーブル
飲食店のテーブルは店員が頻繁に拭き掃除をしているのを目撃する。しかし、むしろ汚い場合が多いのをご存知だろうか? 飲食店でテーブルを拭いている雑巾やタオルが汚染されていることが多く、場合によっては雑菌のひどいにおいがするタオルでテーブルを拭いていることがある。「とりあえずタオルで拭いておけばいいだろう」という考えしかない飲食店が多いのも事実。そんな、雑菌がいっぱいの汚物タオルで拭かれたテーブルで食事をする客はかなりきつい状態といえる。病原性の雑菌がしみこんだタオルがテーブルに多数の雑菌を付着させ、そのテーブルに触れた客が雑菌を口の中に入れてしまう可能性は高い。テーブルは店員に拭かれたとしてもきれいだとは思わず、自分が持参した消毒ができるウェットティッシュでテーブルを念入りに拭くことを強くオススメする。また、そのような店は皿も汚染されていたり、洗剤をよく洗い流していない場合があるので、極力、アルコール系のウェットティッシュで皿の端の部分だけでも拭いてから食べたい。

・自分のハンカチ
けっこう見落としがちだが、自分がいつも所持しているハンカチがけっこう汚染されていることがある。清潔さを保つために持っているハンカチだが、手を拭いたり物を拭いたりしたままにしておくと、雑菌がどんどん増えていく。たとえ抗菌仕様の繊維だとしても殺菌されるわけではないので、過信は禁物だ。ハンカチは2~3枚を常に持って少しでも使用したら未使用のハンカチと好感するなどして使っていこう。

http://rocketnews24.com/?p=14589より

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oreganonews.blog42.fc2.com/tb.php/73-02a926ac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。