オレガノニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスパラガスが二日酔いの新たな救世主となるかも…

アスパラガスに含まれるアミノ酸やミネラルに二日酔いを軽減し、毒素から肝細胞を守る効果があることが明らかになりました。


この研究は韓国の済州大学校医科大学のB.Y. Kim氏らによるもので、アメリカInstitute of Food Technologists(食品技術者協会)が発行するJournal of Food Science誌に発表されました。

飲酒は二日酔いの不快な症状をもたらすほか、アルコールの常用は肝臓に酸化的ストレスを与えます。研究者たちはアスパラガスの新芽(食用とされる部分)と葉の抽出物をヒトとラットの肝細胞へ投与し、生化学的作用を観察しました。「細胞毒性はアスパラガスの新芽・葉の抽出物の投与を受けて著しく緩和されました」とKim氏。「これらの結果は二日酔いを和らげ肝細胞を守るアスパラガスの生物学的機能を証明します」

新芽と葉の組成を分析したところ、アミノ酸とミネラルの含有量は葉の部分の方が高かったそうです。葉の部分(実際は極端にほそく細かく分枝した茎)は普段食べない部分なので、近い将来サプリメントなどが発売されるのかもしれません。

ちなみにアスパラガスを保存する際は、濡れた新聞紙等で包み冷蔵庫に立てて保存すると鮮度と味を維持できるそうです。

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090817_asparagus_for_hangover/より



コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oreganonews.blog42.fc2.com/tb.php/53-3e8efc0d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。