オレガノニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記念写真に写ろうとリスがやってきた

はいはい、ちょっと通りますよといった風情のリスが一匹。セルフタイマーでの撮影中に、突然リスが出てきて写真に写るという出来事がありました。カナダからのニュース。


ここはカナダにあるバンフ国立公園、ミネワンカ湖。夫婦が旅行に訪れ、湖をバックに記念写真を撮ろうとしていました。妻のメリッサさんはこう言っています。
 「てきとうな岩の上にカメラをセットして、写真を撮る用意をしていました。そしたら、ジリスが現れたんです。カメラのフォーカス音に誘われたのかしらね。私達が写るはずだった写真にひょいっと割り込んできたんです。」
 で、おどろく夫妻を尻目にリスはパチリ。カメラに収まっていなくなりました。あまりにユニークだったので写真はアメリカのナショナル・ジオグラフィックのサイトにも掲載されることとなったそうです。
 「生涯に一度あるかどうかの出来事ね。この子を見て数日間は笑っていましたよ。」とメリッサさん。

 やるなーリス。こんな写真めったに撮れませんよね。リスと言ってもジリスという、ちょっと大型のプレーリードッグなどに近い仲間のようです。うちの犬はカメラに興味があるといっても餌の対象としての興味しかないようなので、恐ろしくてカメラを持っては近づけないのでした。まったくもう。

http://garakuta.oops.jp/wordpress/?p=1323より

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oreganonews.blog42.fc2.com/tb.php/50-2dd06bc4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。