オレガノニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すべての類人猿は“笑う”

1 :かわはぎφ ★:2009/06/06(土) 03:37:36 ID:???


 ゴリラもくすぐられると笑うらしい。先日、ヒトと同じように類人猿にも笑う能力があると示唆する新しい研究が発表された。それが事実であれば、楽しいときなどに笑顔になることは私たち人間の専売特許ではないことになる。

 若いゴリラやチンパンジー、ボノボ、オランウータンをくすぐる実験を科学者チームが行ったところ、すべての類人猿に笑う能力があることが確認されたという。

 この発見から、人類と類人猿が枝分かれする直前の共通の祖先(1600万年~1000万年前)が既に笑う能力を持っていたことが示唆された。つまり、私たちは笑う能力を独自に発達させたのではなく、祖先種から遺伝として受け継いできたということになる。

 研究チームのリーダーを務めたのは、イギリスにあるポーツマス大学の霊長類学者マリナ・ダビラ・ロス氏で、同氏は心理学者でもある。研究チームは類人猿の赤ん坊や若年の個体、そしてヒトの赤ん坊を実験対象とし、首や足、手のひら、脇の下をくすぐって800件以上のさまざまな笑い声を録音した。

 研究チームは前述の若いゴリラやチンパンジー、ボノボ、オランウータンとヒトの赤ちゃんの計5種の笑い声を分析し、類似点と相違点を照らし合わせて笑い声に基づくヒトと類人猿の系統樹を作成した。

 驚くべきことに、その系統樹は遺伝に基づく標準的な霊長類の系統樹と非常によく似ていたのである。

「系統樹の類似性から、すべての笑い声の主が同じ祖先を共有していると結論付けるに至った」とダビラ・ロス氏は説明した。

 しかし、ヒトと類人猿の笑い声は誰でも容易に聞き分けられるほどはっきり違っている。そのような明確な違いが生まれたことについて同氏は、過去500万年の間に人類が急速に進化したことが原因ではないかと考えている。

 しかし類人猿が笑うとしても、「果たしてその目的は何か」という大きな謎が残る。

「類人猿の社会で、笑いはどのような役割を果たしているのか。ヒトと同じなのか違うのか、非常に興味深い。いまその解明に鋭意取り組んでいるところだ」とダビラ・ロス氏は話す。

 チンパンジーが笑うという議論は以前からあったが、その笑い方はヒトとはまったく異なると考えられていた。ヒトが笑うときには息を吐き出す一方だが、チンパンジーは呼気と吸気を交互に繰り返しながら笑うというのが定説だった。

 しかし今回の“くすぐり”実験によって、類人猿とヒトの笑い方は基本的には同じであることが確認された。特にゴリラとボノボにおいてその傾向が顕著だという。

 例えば、ゴリラとボノボは笑う際に息を吸わず、ヒトと同じように吐き出すだけだった。アメリカ、ウィスコンシン大学の動物学者であり、心理学者でもあるチャールズ・スノードン氏はこの事実に対し、次のように結論付けている。「これまでの見方に反して、息を吐きながら笑うことはヒトに固有の特徴ではないようだ。原種の類人猿も同じように笑っていたと考えられる」。 

 さらに、ゴリラとボノボが笑う際に息を吐き続ける時間は、通常の呼吸時と比べて3倍から4倍長かったという。話す能力の進化に欠かせないこのような呼吸法も、以前はヒトにしかできないと考えられていた。

 霊長類学研究の第一人者として知られるフランス・ドゥ・ヴァール氏も今回の研究成果に賛同している1人だ。チンパンジーがときおり見せる口を丸く開けた表情は、仲間と遊ぶときに見られることから“プレイ・フェイス”と呼ばれてきたが、「今後は“笑い”と呼ぶようにする」と同氏は宣言している。

 さらに同氏は次のように解説した。「人類と類人猿の間で、笑う際の表情、呼吸法、声に共通点が見受けられることから、私たちの笑う能力は有史以前の類人猿に起源があると考えて間違いない。類人猿の笑いは遊びの中で生まれており、それもヒトと酷似している。彼らはくすぐり合ったり、じゃれ合ったりといった行為の中で笑っている。いま“笑う”という言葉を意図的に使っているが、それは類人猿の行動が進化論的に見てもヒトの笑いと関連していることが今回の研究ではっきりと証明されたからだ」。


(National Geographic)
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=15272731&expand


2 :名無しのひみつ:2009/06/06(土) 03:39:24 ID:OsWIQohY
加齢に2ゲット

自分の尻の臭いかいで、失神した猿がいたなあ。


3 :名無しのひみつ:2009/06/06(土) 03:39:25 ID:Gdr4zmCr
動物虐待だろw


5 :名無しのひみつ:2009/06/06(土) 04:16:15 ID:aw10L4Vd
笑うという行為は本来攻撃的な物であり、
獣が牙をむく行為が原点である


6 :karon:2009/06/06(土) 05:24:42 ID:Oja0u5Ef
俺ン家に昔居たスコッチテリアは家族と一緒に笑ったよ。


7 :名無しのひみつ:2009/06/06(土) 05:27:54 ID:KD7WEab0
攻撃と言うより、恐怖への反応ね。
攻撃のために牙をむくんでなく、虚勢での威嚇というか。


8 :名無しのひみつ:2009/06/06(土) 05:32:36 ID:kMaTD/IV
>>5
そんなんどうでもいいw
とりあえず笑えればw


9 :名無しのひみつ:2009/06/06(土) 05:46:24 ID:rBDs+5tt
うちの犬も腹出して寝てるとき、こちょこちょこちょってやるとキャッキャッって笑うよ。


10 :名無しのひみつ:2009/06/06(土) 05:54:34 ID:TxFH88fj
長い


11 :名無しのひみつ:2009/06/06(土) 05:59:05 ID:otJ8IuNR
パン君も笑ってたぞ。


12 :名無しのひみつ:2009/06/06(土) 06:02:10 ID:HTQ9QMJ4
全ての類人猿は怒る


13 :名無しのひみつ:2009/06/06(土) 06:16:44 ID:FHaGrznd

とうとう「笑う」まで来たか・・・
道具を使う動物は数多く発見されているし、
社会を営むのも人間だけではないし。
どんどん人間のしか持たないモノが減っていくね。
というか、勝手に妄想で人間の専売特許だなんて、
傲慢にもそう思い込んできたこと自体、考えてみれば、
異常だが。

あとは、「悲しむ」や「哀しむ」か。
これも人間だけではなくなったら、最後の砦は、
「理性」だな。
しかし、これもやぶられそうだな、チンパンジーに。


14 :名無しのひみつ:2009/06/06(土) 06:18:11 ID:FHaGrznd
「農業」も蟻んこのほうが先だったしな。


16 :名無しのひみつ:2009/06/06(土) 06:38:30 ID:dXPgiJwU
>>5の時点でシグルイネタwww


17 :名無しのひみつ:2009/06/06(土) 06:42:49 ID:l03l3ZEu
※ただし民主岡田はのぞく。


18 :名無しのひみつ:2009/06/06(土) 07:53:07 ID:fkcMPHz0
動物園のゴリラは客に糞を投げつけて
命中すると笑って大喜びするよな


19 :名無しのひみつ:2009/06/06(土) 08:16:03 ID:xol+QMrf
>>17
プーチンもな




おや?誰か来た


21 :名無しのひみつ:2009/06/06(土) 08:38:26 ID:kKEpXoB/
>>4
藁多


22 :名無しのひみつ:2009/06/06(土) 08:42:43 ID:x9b2dVrQ
>>19
プーチン「ごめんなさい、こんな時どんな顔していいかわからないの・・・」(´・ω・`)



23 :名無しのひみつ:2009/06/06(土) 08:46:12 ID:9bW5Iz9N
日本人のゴリラ研究家が、昔遊んでやった子ゴリラで
今は群れのボスを数十年ぶりに訪ねてコンタクト計ってたけど、
思い出してくれるように長いあいさつを繰り返してたら、
ボスが子ゴリラと遊びながら遊んでもらってた昔を思い出せしたのか笑ってた。


24 :名無しのひみつ:2009/06/06(土) 09:09:55 ID:sifMmKdj
やべぇ猿くすぐってみたい特に小猿をくすぐってみたい

あとボノボとほかほかしたい


25 :名無しのひみつ:2009/06/06(土) 10:53:46 ID:KD7WEab0
>>13
悲しむか哀しむかはわからないけど、
仲間が死んだら死体から暫く離れなくなったりはするよ。
ゾウなんか、白骨化するまでまるで悼むかのように接したりする。
ほうっておかれた飼い犬が入水自殺した例もあるけど、
それはやっぱり「悲しかった」んじゃないかな?
寂しいとかの喪失感と近いから、
固体を認識する生物なら持ちうる比較的低レベルの感情だと思うよ。

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oreganonews.blog42.fc2.com/tb.php/38-194bd978
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。